2012年11月20日火曜日

記憶と記録

筆無精の僕が記憶の保存庫として始めたこのブログですが、「更新すること」に意識がすり替わってしまっていたことから今年は無理せず行こうと思い11ヶ月。

結果として今度はほったらかし、なんて極端なんだろうと自分に呆れたのもあって、ここから少しずつ復帰しようと思っています。
お仕事内容の告知などもありますが、本来は自分メモ(そのときの自分をメモ)。
Twitterが即時性として便利なこともあってついついそちらで済ませてしまいがちですが、Twitterは基本的に流れて行くものですから、稚拙ながらも推敲して更新するという手間が必要なブログは言葉と表現の整理に向いています。

そして季節は11月、すでに街のイルミネーションが輝き出しています。
空や空気がグラデーションを持つこの季節が好きです。
少しずつでも、言葉と音に変えていけたらいいなぁ。