2016年1月3日日曜日

明け方

ふと曲書き作業中に自分が生まれた頃〜幼少期に流行った楽曲を聴き直そうと思い、ライブラリの中をサーフィンしておりました。

時は経っても、否、経てば経つほど良い楽曲の普遍性が刺さってきて打ちのめされたり奮起させられたり。
その曲の何に自分が揺さぶられるのかを知る、考えるって大事だなと改めて思いました。

最近趣味のカメラを触る機会が減ってしまいましたが、曲書きやアレンジは写真と似ています。

フレームに何をどう収めるか。
ピントはどこに合わせるか、あるいはパンフォーカスで全体を見せるのか。
色味はどうするのか、等々。

特にアレンジ作業は写真を撮る時と心の動きが似ているなーと。
良い流れに乗っていると、この行程が本当にわくわくするんです。
そのわくわくが聴いている人に届いたとしたら嬉しいです。

年明け曲書き作業はまだ始まったばかりですが、まずは自分が楽しいと思えるように、そしてそれが誰かに楽しいと思ってもらえるように、一曲一曲丁寧に作っていこうと思います。