2017年8月7日月曜日

ゴスペラーズ坂ツアー2017 "Soul Renaissance" 終了! / The Gospellers

7/30の岡山・倉敷市民会館を以って、3ヶ月に及ぶゴスペラーズツアーが無事終了しました。

二年ぶりのロングツアー、二年半ぶりのニューアルバム。
そこにはメンバーやファンの方々、バンドメンバーやスタッフなど沢山の人の想いが詰まっていたと感じています。
久しぶりに会った、或いは新しく加わった旅の仲間と共に過ごしたこの三ヶ月は、今まで以上に思い出深いものになりました。
僕もまた新しい気持ちで、新しい現場に入った感覚で試行錯誤を重ねつつ…特に今回のツアーから15年ほど続けていたシステムを変えたのでまさに新しいチャレンジとなりました。
特にバンド内での立ち振舞いは、業界に入ったころを色々と思い出しました。

安定していたやり方を変えるというのは勇気の要ることですが、ことデジタル機器に関しては現行機器でなくなって久しいものを使い続けるリスクも増え続けるので、数段飛びでようやく現代的な(笑)システムに近づけることにしました。
20周年ツアーの次に当たる「坂ツアー」、更なるパワーアップを狙ったつもりです。

今回は週末中心のツアースケジュールということもあって、旅先でのオフ時間というのはあまりなかったので街歩きも温泉めぐりもしませんでしたが、空港や駅に降り立つ度、会場に辿り着く度に「ゴスペラーズと一緒にここに帰ってきたな」という感覚は変わらずで嬉しかったです。
あと個人的にはお酒を飲まなくなって半年経つのですが、それでも平気なものだなーと(笑)
元々はツアー毎に目標を立てていた中で「飲みの場に積極的に出ていって先輩方と交流を図る」を実践していたことで出来た飲みキャラということもあり(たぶん)、これも見直す良い機会だったのかも。

ゴスペラーズと出会ってから実に20年、ライブをサポートさせて頂けるようになってからは17年にもなりますが、これからもまた呼んで頂けるように腕を上げようと気を入れてもらった今回のルネッサンスツアー。
ゴスペラーズに、感謝。
今回も貴重な経験をさせて頂きました。
五人が五人である意味も。
尊さも。

ありがとうございました!

2017年7月24日月曜日

U.S.B.再集結! / U.S.B.

【ライブのお知らせ】
『U.S.B.〜Tour4前哨戦〜』

9/15(金)〜18(月祝)に京都・Live Spot RAGにおいて開催される『須藤 満 2017 Silver Week Special 4days』にて、初日9/15にU.S.B.が再集結します!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

9/15(金)〜18(月祝)
『須藤 満 2017 Silver Week Special 4days』
京都・Live Spot RAG
https://www.ragnet.co.jp/livespot/
[9/15]18:30 open / 20:00 start
[9/16〜18]18:00 open / 19:30 start
(単日前売)¥4,000(当日)¥4,500
☆チケットはRAG・チケットぴあ・ローソンチケットにて8/2(水)より発売
☆4日間通し券:¥14,000(RAGのみ取り扱い)
(問)075-255-7273 ラグ・インターナショナル・ミュージック(日曜日以外11:00~19:00)
15日(金)
『U.S.B.〜Tour4前哨戦〜』
宇佐美秀文(manipulate;vocoder)、須藤 満(b)、DJバリK〜ん(turntable)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

"Tour4前哨戦”のタイトル通り、今年のU.S.B.ツアーも行われることになりました!

『U.S.B. Tour 4』
10/28(土) 〜 11/18(土) 国内各地にて公演予定
詳細は今夏に発表いたします。

今年も皆さんの街へお邪魔します。
楽しみだなぁ〜!

2017年6月13日火曜日

Studio Oneのイベントにゲスト出演します!

師匠・田辺恵二からのお誘いで「Studio Oneをもっとよく知ろうの会」にゲスト出演することが決定しました!

僕がいまメインで使っているDAWのStudio Oneを掘り下げていくこのイベント、先日大改革となるレイテンシーマネージメント他さまざまな機能が追加された3.5が出たばかりですので盛り上がりそうです。
どうやら僕もパソコンを持っていくようですよ…(笑)

詳しくは田辺さんのブログを御覧頂くとして、Studio Oneにご興味がある方!
6月22日、お時間がございましたら奮ってご参加くださいませ〜。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「第2回 Studio Oneをもっとよく知ろうの会 オフ会詳細」

2017年4月23日日曜日

ゴスペラーズ坂ツアー2017 "Soul Renaissance" スタート! / The Gospellers

昨日、千葉・松戸の森ホールよりゴスペラーズツアーがスタートしました。

31都市を巡る計34公演の旅が始まりました!
ロングツアーは前回「G20」以来実に2年ぶりとなりますね。
表に立たないバンドメンバーとして今回もマニピュレーターとしてゴスサウンドをサポートしております!

みんなでわいわい旅をしますよ〜。





ちなみにツアーが始まる度に定期的に出る話題のようなので、マニピュレーターって何?と思った方は以下のポストをどうぞ。

usamix's note "baby talk" Rev.E: マニピュレーターお仕事のエトセトラ

2017年4月15日土曜日

いよいよ! / The Gospellers

4/22から「ゴスペラーズ坂ツアー2017 “Soul Renaissance”」が始まります!

31都市34公演、7月末まで全国行脚します。
楽しいツアーになる予感満載ですので、どうぞお楽しみに!


2017年4月13日木曜日

サウンド&レコーディング・マガジンにて!

学生の頃から愛読していた「サウンド&レコーディング・マガジン」さんにおいて、Studio Oneの連載をさせていただくことになりました!

Studio OneのTipsを様々なミュージシャンやプロデューサーが解説するコーナー、今号までのLiniaさんからバトンタッチして宇佐美が担当いたします。
お仕事での書き物自体が初めてなので不慣れではありますが、わりと制作中心となるこのコーナーにライブでのマニピュレーションという視点を中心にして展開していく予定です。
連載初回は今月4月25日発売の6月号に掲載されますので、これからライブでStudio Oneを使ってみようかな?というライブマニピュレータービギナーの方はぜひ読んでみてください。
制作用途が主のStudio Oneですが、思いの外ライブでも便利に使えるということが分かって頂けると思います。

Silent Blue / The Gospellers

告知が遅くなりましたが…。
今月4月22日から始まるゴスペラーズのツアーに先立って先月発売となった15th Album「Soul Renaissance」にアレンジャーとして参加しております!

黒沢さん、北山さん、安岡さん共同のペンによるM10「Silent Blue」、僕はプリプロダクション時からマニピュレーターでサポート参加し、そのまま北山さんと共同アレンジでトラックをブラッシュアップしました。
"Silent"というワードに対する僕なりのアプローチもふんだんに入った「静かに熱い曲」となっておりますのでぜひチェックしてみてください!

また、今回もこれまでと同様にほとんどのメンバー曲の作曲時にマニピュレーションサポートで参加しております(M03・05・09・11・13を除く楽曲)。
いつも曲の原石が生まれる瞬間はわくわくしますが、それがこうして皆さんに届く形となって送り出されるのは本当に嬉しいですね。
今のゴスペラーズ、ある種のゴツさも感じられるSoul、R&Bに仕上がっております。
ゴスペラーズとのお付き合いも今年で20年(!)、マニピュレーターとしては17年。
思えば遠くへ来たもんだ…?

そして久しぶりのロングツアーにもマニピュレーターとして参加します。
またみんなとわいわい旅が出来るなぁ!
こちらも楽しみです(^^)


2017年3月25日土曜日

「仮BAND Connect to U.S.B. 」終了! / U.S.B.

大阪JACK LIONにて仮BANDさんとのジョイントツアーが無事終了しました。

東京1公演、大阪2公演と短いツアーではありましたが対バン形式やコラボレーションなど、僕達U.S.B.にとっては初めての経験でとてもエキサイティングでした!
声を掛けてくれた仮BANDの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

例によってU.S.B.は解散ですが、またしれっと戻ってこられるといいな。
今回が初めましてのお客様も沢山いらっしゃったと思います。
少しでも「あ、面白いかも」と思って頂けたなら嬉しいです。
本当にありがとうございました!




以下、今回のセットリストです。


"仮BAND Connect to U.S.B. "
 U.S.B.Setlist 2017.3.22 / 3.25

M01 Front of the Factory
M02 About Us
M03 Together
M04 Bass'n Voice
M05 Welcome Home
M06 Key
M07 Hot Rod
M08 LIKE THAT
M09 扉

= = = スペシャルコラボレーション = = =

Into the Lightning with 仮BAND

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


■Front of the Factory
  Composed by Hidefumi Usami
  Lyrics : Hidefumi Usami
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster and Turntable : DJ Barricane
  Rap, Vocoder, Talkbox and Other Instruments : Hidefumi Usami

■About Us
  Composed by Hidefumi Usami
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster and Turntable : DJ Barricane
  Vocoder and Other Instruments : Hidefumi Usami

■Together
  Composed by Mitsuru Sutoh
  Bass and Other Instruments : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster and Turntable : DJ Barricane
  Vocoder : Hidefumi Usami

■Bass'n Voice from 須藤満「Waking Up ~Remember the day, 2011~」
  U.S.B. Version Produced by Mitsuru Sutoh
  Original Version Composed by Mitsuru Sutoh
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster & Turntable : DJ Barricane
  EFX Play : Hidefumi Usami

■Welcome Home from 須藤満「Waking Up ~Remember the day, 2011~」
  U.S.B. Version Produced by Mitsuru Sutoh
  Original Version Composed by Mitsuru Sutoh
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster and Turntable : DJ Barricane
■Key
  Composed by Hidefumi Usami
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster : DJ Barricane
  Talkbox and Other Instruments : Hidefumi Usami

■Hot Rod from 須藤満「Waking Up ~Remember the day, 2011~」
  U.S.B. Version Produced by Mitsuru Sutoh
  Original Version Composed by Mitsuru Sutoh
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Turntable : DJ Barricane

■LIKE THAT - Put Your Hands Up -
  Composed by Hidefumi Usami
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Turntable : DJ Barricane
  Vocoder and Other Instruments : Hidefumi Usami

■扉
  Composed by Hidefumi Usami
  Bass : Mitsuru Sutoh
  Beatmaster and Turntable : DJ Barricane
  Vocoder and Other Instruments : Hidefumi Usami

■Into The Lightning with 仮BAND
  Composed by Hidefumi Usami

  Drums : Yuya Maeta (from 仮BAND)
  Bass : Mitsuru Sutoh and BOH (from 仮BAND)

  Guitar : Mikio Fujioka (from 仮BAND)
  Turntable : DJ Barricane
  Vocoder,Talkbox and Other Instruments : Hidefumi Usami

2017年3月22日水曜日

【仮BAND Connect to U.S.B.】新宿BLAZE / U.S.B.

本日は仮BANDさんとのツアー1本目、新宿BLAZEでした。

恐らくU.S.B.初見の方が大多数かと思われましたが、温かく受け入れて頂けて嬉しかったです。
ライブの最後のピースはお客さん、これをキーワードのひとつとして掲げているU.S.B.ですが、今日観に来てくださった方にはよくお分かりいただけたのではないかと思います(笑)


本日の両バンドメンバー!
仮BANDさんにはゲストミュージシャンとして桑原あいさんも参加されました。



そして僕のカメラ師匠(←勝手に)、紗々さんも観に来てくださいました。

今回は東京と大阪2ステージ、計3本の短いツアーではありますが、残り2本も全力疾走してきます!

2017年2月22日水曜日

もぐもぐ食べます

保護された猫さんを譲り受けました。
初・猫との暮らし!

ご飯をよく食べるとのお話から「もぐ」と命名。
面会時はとても大人しかったのですが、新居は自分の物なのか猫カブってたのか(笑)わりとアクティブに動き回っています。
それでも自己主張は控えめな女の子のようなので、これから少しずつ家族になれるよう勉強していこうと思います。

2017年2月1日水曜日

U.S.B.ライブのお知らせ / U.S.B.

「仮BAND Connect to U.S.B.」にゲスト出演が決まりました!

■3/22 東京・新宿BLAZE
 OPEN 18:00 / START 18:30

■3/25 大阪・JACKLION
 1st stage OPEN 14:30 / START 15:00
 2nd stage OPEN 18:30 / START 19:00

東京公演は本日19時より先行開始。
 http://www.getticket.jp/g?t=rvda5hzy
 一般発売は2/26発売予定。
 イープラス・チケットピア・ローソンチケットにてお求め頂けます。

大阪公演は5日13時より。
 http://jacklion.net/main.html



ツアーの度に結成・解散を繰り返す我々U.S.B.、4度目の再結成です!
3本やったらすぐ解散ではありますが…(笑)
思いの外、早く集まることが出来て嬉しいです。
超絶技巧の仮BANDの皆さんのライブも今から楽しみです。
遊びに来てね〜!



2017年1月19日木曜日

悩みに悩んで

小曲を一筆書き。

いつも鍵盤と永遠とも思えるにらめっこを繰り広げたのち、溜め込んだ音のイメージをドバっとしたためるのが定例パターンとなっております。
今回はシンプルなゆえにいろんなやり方が見え過ぎてしまい時間が掛かってしまった。
あとはリターンを待って修正していく感じです。

もうちょい!

2017年1月17日火曜日

ROGUE ONE

スターウォーズ・エピソードⅣの前日譚となる「ROGUE ONE」を観てきました。

SW好き、こと旧三部作好きにはたまらない内容でした。
やはりこの一連のシリーズは群集劇なのだなぁと改めてその魅力に気付かされます。

ネタバレにならない程度に感想を、と思いましたが難しい!
これまでスターウォーズにあまり興味がなかった人がこれを機にシリーズを観るきっかけになってくれたら嬉しいな。
外伝的な位置づけではありますが、それだけ魅力的なストーリーです。
ぜひ!

2017年1月10日火曜日

スタジオ帰りに

お寿司。

素敵な場所に連れて行ってもらいました。
まずは様子見とエントリーランクの握りセットをお願いしたらボリュームたっぷり&激うまなコース!
板さんも小粋だしお店の雰囲気も変の肩肘張らなくても良い感じで、これからも通うことになりそうです。

ちょっと贅沢な時間でしたが、何も考えずに止めたコインパーキングが諭吉コースで大失敗…。
次は電車で行こう(お酒も飲めるし)。

2017年1月7日土曜日

紅茶のリキュール

…なるものをカクテルにして頂きまして。

馴染みのバーに新年のご挨拶、という名目で呑みに行ってきました。
いつも沢山の常連さんが入れ代わり立ち代わりで最初に入るときはちょっと勇気が要るお店ですが、入ってみれば家族のように接してくれる心地良い場所なのです。
職業も年代も性別も関係なく楽しめる場所というのは有り難いですね。

ちなみに宇佐美は仕事に煮詰まった深夜帯によく出没しています^^;

2017年1月6日金曜日

映画初め

今年最初の映画は「バイオハザード ザ・ファイナル」でした。

シリーズ6作目、14年の歴史に幕が降ろされる今作。
一貫してアリスとアンブレラ社との関係がフォーカスされてきましたが、遂に完結です。
映画バイオシリーズ特有のテンポ感や世界観が最後まで貫かれていて良かったなと。
時間があるときにでも初作から一気に観返してみようかな。

単館ものから大作まで、観たい映画がどんどん増えていて時間が足りません!
そして時間があるからといって映画を観に行こうという気持ちになるわけでもなく、音楽と等しく「必要な時に、必要なもの」の存在としてうまく付き合って、遊んでいかないといけないんだなと思います。

取り急ぎプライオリティの高いものとしては「ローグ・ワン」かなぁ。
出来れば4DXで観たいところ!

2017年1月5日木曜日

そろそろ

仕事始めの方もいらっしゃるでしょうか。

僕は親戚への挨拶回りをしつつ曲を書いたり映画を観に行ったりと、わりとゆったりとした時間の中であれやこれやとやっております。
親戚とは一年に二回会えるかどうかという感じなのですが、特に子どもたちのその都度の成長ぶりに毎回驚かされますね。
この間まで小学生だったと思ったら、この春には高校生で、しかも留学するとか!
レアキャラの親戚のおっさんとしては油断していられませんね…何かはわかりませんが。

2017年1月2日月曜日

2017

明けましておめでとうございます。

今年は潔く「素晴らしい音楽、音楽人に嫉妬する」をむき出していこうと思います。
フロントマン、裏方問わず、いつも素晴らしい音楽人の中で助けてもらいながらやってきた自分の音楽人生ですが、今一度気を引き締めて挑みたいと思います。

多分、人としての人生バーはとっくに折り返している年齢。
人から影響を受けることはあっても誰かに与えることはあったかかと問われれば難しい、そう感じてからもそれなりに年月が経ってしまいました。
長いあいだ見守ってくれている方々、相棒に、少しでも恩返しができるように精進します。
取り急ぎ、昨年のBruno Marsのアルバムにはスゲェ!と共に大いに嫉妬した宇佐美でした。
誰かの音楽の素(味の素的な)になりたい!

本年もよろしくお願いいたします。