2004年8月17日火曜日

気になる人々

今日は山口県は徳山です。夕方前くらいに到着し、そのあと軽く街を散策して帰ってきました。夜は廻ってない寿司(笑)を食べに行ったりして。



相変わらずの旅の最中なので、例年に比べると没入率は低いのですが、それでも夜中テレビをつけてしまいます。そう、オリンピックですね〜。スポーツには疎い僕なのですが、柔道を中心にいろいろと見ています。いつからなのか知らないのですが、ずいぶん競技が増えたんですね。そんな発見もありつつ、楽しんでいる今日この頃です。



そして気になる人々。

駅やバス停、街角街中とにかくどこでもなんですが、携帯を手にしている人々が最近やたら気になります。

特に気になるときが電車に乗ったとき。まず車内に入ると先に乗っている人たちが携帯を手にメールやらなにやらをしている。そして一緒に乗った人も次々と携帯を手にする。若い人はもちろんのこと、お父さん陣もこの率が高いですね。逆にある年代以上の女性にはあまり見られないような気がします。

いつだったかこの光景が異様だと思ってから、僕は人前で携帯を取り出すことに抵抗を感じるようになってしまいました。

というか、みんなマナー守ろうぜ、と。携帯をマナーモードにするのは常識ですよと。そのうちGPSとか使って公衆では自動的にマナーモードになるとかならないかなぁ。