2004年7月15日木曜日

北斗の拳

スパイダーマン2、始まってますね。これは映画館で是非みたい作品なのですが、観に行く前に軽くおさらいしておくかと思い、近くのレンタルビデオショップへ行ってきました。

前作を発見、確保したのち、他に何かないかな〜と見て回っていると「北斗の拳」が…。しかもDVDではなく、ビデオオンリーです。そういえば昔海外で実写版が作られたな〜と借りてみたんですが、いやぁ面白かったです。つっこみどころ満載で。



原作の初盤、シンとの戦いをベースに映画化されていると解説にあったのですが、なんというか…ケンシロウ、シン、ユリア、バットは出てきますが、別にその名前じゃなくてもいいじゃーんって感じでした。

まずもってケンが弱そう、というか原作での圧倒的な強さがまったくなし。シンのほうが明らかに強そうでした。そして

「北斗の拳」というキーワードを多用する割には、北斗神拳の説明はないし、なにより北斗神拳は劇中数回も使われていないという…。とにかく戦っているケンシロウが「弱そうに見える」という、すごい画が見られる映画でした。

ケンシロウはあちらの俳優さんなのに、なぜかユリアは鷲尾いさこ。全体的にぱっとしないし、これならジャン・クロード・バンダムのストリートファイターの方が面白いぞ。

まぁ、突っ込みがいがある映画ではありました。。。